学年末試験後の爽快な場面

1月30日付で「学年末試験2週間前の爽快な場面」と題するブログを書きました。

そのブログはこちらです。

学年末試験が終わり、そのKさんが「全教科結果が返ってきた」と報告してくれました。出てくる教科、出てくる教科、好結果で、結局どの教科も高得点でした。

さすがにここで点数を書くことはできませんが、学習法を工夫した英語も、今までは苦労していた数学も、単元(天気・電流)の特性から心配していた理科も高得点になり、これまであった凸凹がなくなりました(よくまぁ、ここまでバランスのよい結果になったねぇ、というぐらい)。

当然ながら合計点が大きく上がり、順位は自己ベストです。Kさんがそれを嬉しそうに話してくれることが嬉しく、努力が結果に結びつくという経験をアシストできたことが大きな喜びです。

分かる楽しさ、できる嬉しさ、自分で工夫して学習を創り上げていく充実感、そして笑顔。Kさんの今回のテストは「爽快」に始まり、「爽快」で幕を閉じました。

テスト総括(スタディクラブでは、テストを締めくくる毎回の大切なイベント)に、今後に向けてのプランを力強く書き込んだKさん、さらに楽しさが増していくと思うよ!

 

Follow me!